BREATH-FRESHER Podcast

You can hear aired songs from 3 months ago on this podcast.



Jun 15, 2011

SOUL APART


BF:
I listened to your songs from the new album ‘Worldpain Traveler’. I got the impression that your music sounds like a folk metal with a pretty melancholy sound and lyrics. What do you describe on the album?
アルバム Worldpain Traveler を聴かせてもらいました。哀愁のあるサウンドと歌詞を持ったフォークメタルっぽい印象を受けたのですが、このアルバムについて説明してもらえますか?

SA:
Well…I think we are not the traditional folk metal band. We are used to hear and know this bands like bands whose mix metal (power, black, or whatever) with traditional music of the center or north of Europe...but it´s open to discuss... ha, ha... I like to say that we are a fusion between metal and worldmusic because we “take” music of different countries and really different cultures. But of course melancholy and atmospheric passages have great protagonism (protagonist) in our music, mostly in our first album... This one, I mean the latest one, is pretty heavier than the other one, it´s the biggest difference I see...
“Worldpain Traveler” describes on the lyrics the situation of the world address, in a political and economical way and of course their cultural consequences, also touch some important historical moments of our latest past in human race. But it´s not only description, it´s an invitation to think and do something to change this world...
うーん、僕たちは伝統的なフォークメタルのバンドじゃないんだ。中央ヨーロッパや北欧の伝統的な音楽を取り込んでパワーメタルやブラックメタルなんかをやってるバンドを知ってるけど、それについて話し合ってもいいね。(笑)僕たちの音楽は、異国の文化や音楽を取り入れたメタルと世界の音楽との融合だ。特にファーストアルバムでは、哀愁漂う趣のあるメロディが大きな主役になっている。今回のアルバムは、前回のものよりいちだんとヘビーになっていて、それが大きな違いといえるかもしれない。
Worldpain Traveler は、政治的・経済的な面での、もちろん文化的な影響も含み、世界情勢のあり方を歌詞に織り込んでいて、人種的な最近の重大な歴史的なシーンにも触れている。これは単なる描写ではなく、現在の世界を変えるべくよく考えて何かをしようじゃないかという提案なんだ。



Worldpain Traveler (2010)


BF:
What about the album cover artwork? It looks like a silver ocean or something. Where did the idea come from?
そのアルバムのカバージャケットですが、銀色に輝く海か何かのようですけれども、どんなコンセプトで選んだのですか?

SA:
The artwork are photos from Bolivia, and the cover is on the famous lake called “Titi Caca”. We really like to work with real photographs on our albums, is a basic concept of Soul Apart, al the albums had and will have this characteristic, but anyway answering your question, on this new artwork we try to show to the rest of the world the reality of South America ,and many countries in different continents can be represented by this, as well...but we choose this pic in particular because you can see the light of the sun reflecting over the lake and embracing in the horizon with really big mountains besides, and it means (for us and for our message) a new world, a new light, a rebirth who bring us this “traveler”...
ボリビアの写真で、有名なチチ・カカ湖をカバーに使ったんだけど、アルバムに本当の写真を使えてよかったよ。 全アルバムに共通するコンセプトは Soul Apart (別々の心) で、これが基本でもあり、特徴になっている。キミの質問に答えるなら、今回のカバージャケットを通して南アメリカの現実を他の国々の人に見せたかったからなんだけど、きっとみんなはこれを心に刻んでくれるに違いない。特にこれを選んだのは、湖に映る太陽の光と水平線を抱え込む高い山並みが、僕たちトラベラーに新世界や新しい光、再生をもたらしていると思ったからなんだ。

BF:
I heard your band had the South Europe tour in 2010. Any particular reasons or purpose on the tour? Tell us something about it. How was the reaction of the people over there?
2010年にバンドとして南ヨーロッパツアーを行っていますね。そのツアーについてどんな背景があったのか教えてください。現地での反応などはいかがでしたか?

SA:
Oh yes...it was a really nice experience!!! We were touring promotion the band in Germany, Greece, Spain and finally in Portugal with Duncan Patterson (Íon, ex-Anathema, ex-Antimatter). We had interviews and about the concerts it were awesome, we were completely shocked about the reaction of the crowd, but the most important thing is that a lot of new people knows the band since that tour!!!!
そうなんだよ。とってもいい経験になった。バンドの宣伝で、Duncan Patterson (Ion, 元Anathema, 元Antimatter )とドイツ、ギリシャ、スペインそしてポルトガルを回ったんだけど、コンサートに関するいいインタビューも受けたし、現地の観衆の反応にも驚いたよ。このツアーで、多くの人たちに僕たちバンドのことを知ってもらえたことが最大の成果だった気がする。

BF:
If you have an opening act in a big band live, which band you would like to be with?
どんなバンドのライブで、オープニングアクトをしてみたいですか?

SA:
Mmm...hard to say... ha, ha, ha... I think opening for my favourites ones would be grand: Kiss, Iron Maiden, Rush, sadly I couldn´t include Ronnie James Dio on this list anymore...but anyway I´d love to share the stage with another great and young musicians that I admire and respect a lot like Andre Matos, Daniel Gildenlöw, Vintersorg, between others. Plays with Duncan Patterson in Portugal and Argentina it was a dream made it real for me. Another great moment it was when we played with Anneke Van Giersbergen (Agua de Annique, ex-The Gathering) here in Buenos Aires, really nice...
うーん、難しい質問だな。(笑)大好きなバンド、Kiss とか Iron Maiden、Rush、それに悲しいかなもうこのリストには入れられないけど Ronnie James Dio なんかかな。でも、憧れと尊敬を抱いている他のビッグバンドや若いミュージシャン Andre Matos とか Daniel Gildenlow、Vintersorg なんかとステージに立てたらいいね。
僕にとって、ポルトガルとアルゼンチンで Duncan Patterson と共演できたのはまさに夢の実現だった。他にも、ここブエノス アイレスで、Anneke Van Giersbergen (Agua de Annique、元The Gathering) とプレイできたことも最高だった。


BF:
Do you have any plans for another tour in this year?
年内にツアーの予定はありますか?

SA:
This we will continue promotion the new album, playing some gigs in Argentina and a possible tour in South America. Also we are re-collecting old recording sessions and do it news ones for a new album of rare versions, unreleased tracks, covers, etc to be released over this year!!!!
アルゼンチンでライブを行い、できれば南アメリカを回りながら新アルバムのプロモ活動を続けていくつもりだ。それに、昔のレコーディングセッションや未発売の曲、カバー曲などを集めていて、珍譜盤アルバム用に新たに作り直し、今年以降にリリースしようと思っている。

BF:
Your band has started as an acoustic project in 2004. What made you change your way to progressive sound?
2004年にアコースティックなバンドとしてスタートしていますが、プログレッシブに変わったきっかけは何でしたか?

SA:
The progression it was really natural. I started to feel that the composition have the chance to introduce more elements and instruments so that´s why I decided to return to my headbanger´s roots... ha, ha, ha...
I saw that would be really interesting and definitely original if you mix all these atmospheres with worldmusic rhythms and metal...and we can say that it works... ha, ha, ha
The worlmusic influences I already had it but I keep it in an acoustic format but when I thought “ok...Guido...and if you include a real metal band in all this stuff...”and a new challenge appears, but anyway, I´m completely happy with the results...
その経緯は至って自然だったよ。曲を作るってのは音楽要素や演奏をアピールできる機会なんだと感じ出して、自分のヘドバン時代に戻ることに決めたんだ。(笑)
世界の音楽のリズムとメタルをミックスした感じが、めちゃ面白くて絶対独創的なものになるって気がしたし、現にうまくいったしね。(笑)
僕はもともと持っていた世界の音楽の影響をアコースティックな形でキープしているんだ。「よし、Guido! この楽曲に真のメタルバンドを加えたらどうなるか!」と思ったときに、新たなるチャレンジが浮上してきたってわけだ。とにかく、この結果には満足している。


BF:
Currently you have the music video ‘ROAD TO SELF’. Do you have any plan for making one from the new album? If you do, which song and when to make?
現在 ROAD TO SELF のミュージックビデオがありますが、このアルバムからもビデオを作る予定はありますか?それはどの曲で、いつ頃になりますか?

SA:
Yes yes...we are preparing the video of “Worldpain Traveler” (the song). I think will be done it on the following weeks...and maybe we start it with another one...who knows... ha, ha, ha...
もちろん!アルバムのタイトル曲 Worldpain Traveler のビデオを準備しているところだ。数週間後には出来上がるだろう。もしかしたら、別の曲でも作るかも… 乞うご期待!ってところかな。(笑)





BF:
Lastly, Id like you to answer this. Tell us what kind of your band SOUL APART is, when you would say in a word?
最後に、SOUL APART というバンドは一言でいうとどんなバンドですか?

SA:
Experiment...a constant experiment that want to join technically music hard to play and introspective passages to elevate your mind to think in another way!!!!
実験…つまり、難しい演奏の音楽と、違った方法を試みようとする気持ちを高揚させる自己反省的な行程を技術的に結合させたいという普遍的な実験のことだ!!!

SOUL APART Website
SOUL APART on MySpace
SOUL APART on ReverbNation
SOUL APART on facebook
SOUL APART on Last.fm
SOUL APART on YouTube

No comments: